スポンサーリンク

おはよう寺ちゃん 活動中 2017年04月26日

仏大統領選とEU/緊迫北朝鮮

【コメンテーター】

(京都大学教授・内閣官房参与)

番組メールアドレス:
tera@joqr.net

twitterハッシュタグは「#joqr
twitterアカウントは「@joqrpr
facebookページは「http://www.facebook.com/1134joqr

番組サイトURL

http://www.joqr.co.jp/tera/

スポンサーリンク

2017年04月26日放送

【ニコニコ動画】【週刊文春・新潮】おはよう寺ちゃん 2014.04.26

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. 山崎純二 より:

    習近平ができなければプーチンでもいい。北朝鮮に核開発をやめさせたい。
    今の危機の本質でしょうね。北朝鮮に核開発をやめさせたい。
    藤井さんは今までの北朝鮮は核を取引材料に使って何かを得ようとしたが、金正恩は世界との外交関係を築こうとしていると言います。
    アメリカも北朝鮮に世界の外交に加わって欲しいと思っているはず。北朝鮮に核があるから軍事圧力をかけています。
    北朝鮮も世界の外交に加わりたいけどアメリカが敵視するから核を持って自衛しようとしています。
    つまり壮大な悲劇的な勘違い。北朝鮮はアメリカや他の国を攻撃しようと核開発を始めたわけではない。アメリカは北朝鮮の体制をひっくり返す目的で軍事圧力をかけているわけではない。
    核開発をやめさせたいだけ。
    ベトナム戦争もそうでした。マクナマラの戦争と言われたあの悲惨な戦争も勘違いでした。北ベトナムは共産主義を近隣の国に広める意思はありませんでした。それをアメリカが知ったのは戦争が終わって数十年後。
    「なあんだ、そうだったのか」では済みませんよ。