sponsored links

報道するラジオ 2016年09月26日

sponsored links
もんじゅ 廃炉の衝撃

政府は先週、高速増殖炉「もんじゅ」(福井県)について、 廃炉を含む抜本的な見直しを行うことを決めました。 事実上の「廃炉宣言」です。

もんじゅは、プルトニウムを主な燃料に発電し、 消費した以上のプルトニウムを生む「夢の原子炉」で、 日本の核燃料サイクルの中核施設とされてきましたが、 95年のナトリウム漏れ事故以来、トラブルが相次ぎ、 ほとんど運転実績がありません。

政府は、もんじゅを廃炉にしても、核燃料サイクルは維持するとしています。

それは何を意味するのか、日本の原子力政策はどう変わるのか、 きょうは、福島の原発事故後、政府の原発事故調査・検証委員会の委員を務め、 原子力委員会の「高速増殖炉懇談会」の委員も務めたことがある 九州大学教授の 吉岡斉 さんと、 TBSラジオで原発の問題を追い続けてきた 崎山敏也 記者に出演いただき、 もんじゅ廃炉の裏側に迫ります。

メールアドレス:hou@mbs1179.com

番組ホームページはこちらをクリック

sponsored links

2016年09月26日放送

YouTube

No tags for this post.