sponsored links

報道するラジオ 2016年04月11日

sponsored links
ノーベル賞経済学者~私が東京で言ったこと~

先月、政府が主催する国際金融経済分析会合に ノーベル経済学賞を受賞したジョセフ・スティグリッツ教授と ポール・クルーグマン教授が招かれ、安倍総理と会談を行いました。

2人とも「消費税増税の先送り」を提言したとして大きく報道され、 来年4月に予定されている増税が 延期されるとの見通しが強くなりました。

しかし、クルーグマン教授がTwitterで公開した 会合の議事録をみてみると、消費税増税への言及はほとんどなく、 世界経済の情勢と金融政策の問題について議論しています。

さらに、スティグリッツ教授が提出した資料では、 「消費税」の言葉すらなく、 代わりにアベノミクスを否定する内容が並んでいます。

では、実際に2人が安倍総理らに提言した内容は どんなものだったのでしょうか。

ゲストに慶應義塾大学大学院・准教授の 小幡績 さん、 コメンテーターに、 パックンこと パトリック・ハーラン さんをお迎えして、放送します。

メールアドレス:hou@mbs1179.com

番組ホームページはこちらをクリック

sponsored links

2016年04月11日放送