sponsored links

報道するラジオ 2016年03月04日

sponsored links
障がい者は、どう避難するか

東日本大震災と福島第一原発の事故から、もうすぐ5年。

きょうは、福島県田村市で障がい者の自立生活支援を行うNPO法人 「ケア・ステーションゆうとぴあ」の理事長で、 現在は京都市に避難しておられる鈴木絹江さんがゲストです。

「ケア・ステーションゆうとぴあ」は、 福島第一原発から西に40キロの地点にあり、 鈴木さんは、原発事故の後、利用者3人とヘルパーとともに、 会津地方、そして新潟県のホテルへと避難しました。

体育館や公民館などの避難所で生活するのは難しい障がい者が、 災害時、どのような場所を目指すのか、 高齢者・障がい者の避難のために社会が準備すべきことは何か、 鈴木さんの体験を交えて、じっくりお話を聞きます。

メールアドレス:hou@mbs1179.com

番組ホームページはこちらをクリック

sponsored links

2016年03月04日放送

YouTube

No tags for this post.